ちょっとひと休み

きらきら煌くあいばくんがすき

2017.12.24. ARASHI Live Tour 2017-2018「untitled」(相葉くんお誕生日公演)

※前半は相葉くんお誕生日お祝い関連の内容でコンサートについてはネタバレなしですが、後半はガンガンネタバレしているのでご注意ください。あと、長いです※

 

2017年12月24日(日)、東京ドーム。
f:id:bleu_de_prusse:20171228001443j:image

4年振り2度目の生のコンサート、LOVEコン以来の当選。それはなんと、自担である相葉くんの35歳のお誕生日公演…!いつか参加できたらいいなと願い続けていた日がついに来る、これは全力でお祝いせねばと、人生で初めてうちわを作製して臨みました。

f:id:bleu_de_prusse:20171228001505j:image

色はちょっとこだわりました。だってUBだし(?)

前回のLOVEコンのときは題字はパネルだったのが、気付けばいつの間にかデジタル表示に…!時の流れを感じました。

f:id:bleu_de_prusse:20171229022503j:plain

オブジェも、とても綺麗でした!

f:id:bleu_de_prusse:20171228001626j:plain
f:id:bleu_de_prusse:20171228001640j:plain

ドキドキしながら着席。ペンライトの設定に手間取っていた私を見て、後ろの席の方が優しく教えてくださって感激でした。

開演5分前に目にしたのは、徐々に広がっていく緑色のペンライトの光。

f:id:bleu_de_prusse:20171229023735j:image

ファンが自主的にペンライトの色を緑に変えていって、一瞬、ペンライトが制御されて色が変わっているのかな?と思うほど、徐々に広がっていく緑色の光。その光景に、客席全体から、「わぁぁ…!!」という歓声が上がり、一面の緑の光が揺れる会場はもう、圧巻でした。 円陣の、「ウオォォオーーーッッ!!!」という声が聞こえてからはさらにすごくて、もうほんとに、一面が緑色の光の海で。そこからの、嵐コール。会場の誕生日お祝いムード、一体感が半端なかったです。始まる前から泣きそうでした。

このペンライトの光について、MCで真っ先に言及してくれたのが、潤くん。「気づいてましたよ、すごかった!」と。裏から客席が覗けるところがあるのだけど、そこから見て「見える限り、緑じゃない人いなかったよ!」と言ってくれて。「気づいた?」と聞かれた相葉くん、「もちろん気づいてましたよ!」「誤作動かなと思った」「きっと気を遣って緑にしてくれていた人もいたでしょう?」と。それに対してニノが「いーーーーーーーーの!!!お祝い事だから!!!!!(超大声)」。熱い。相葉くん、「後からしれっと好きな色に変えてくださいね!」なんて謙遜して言っていて。どんな状況でも浮かれないし、周りが見えてるし、気遣いがあるところ、やっぱり好きだなぁと思いました。

緑の光を受けて、「こんなに紅白の司会を応援してもらえるなんて…」とニノ(笑)。あなた黄色でしょ?と、多分潤くん?に突っ込まれているニノでした。ライトの色が少し黄色に変わったのも面白かった笑。その後各メンバーの告知の度に、話しているメンバーの色にライトを切り替えたのも一体感があって楽しかったです。潤くんが夜会に来るという翔さんの告知のときは、赤と紫半々くらいになって、その光景を見た相葉くんが「赤と紫って相性いいね!」と言ったことで会場は大盛り上がりでした笑。

ペンライトはファンが購入しているもので、この光景はみなさんが買ってくださったおかげですと話す嵐のことがやっぱり好きだと改めて感じました。ちゃんと、ファンのことを考えてくれているのが伝わる。

お誕生日関連では翔さんが、「今日すごいね、『誕生日おめでとう!』のうちわ、たっくさんあるね!!」と言ってくれて(涙)。うちわが一瞬でも目に入って、お祝いの気持ちが伝わったなら嬉しい。少し話が逸れるのと、実際に生のコンサートに入ったのは二度目なのでアレですが(ハワイはLV参加だったので)、こうやってMCで見てるよ!ということを伝えてくれたり、会場で誰よりもスタンドや天井席や見切れに手を振り続けてくれたのは、ダントツで翔さんだったということは書き留めておきたいです。

untitledの文字があしらわれたお誕生日ケーキが出てきて、率先してろうそくに火を点ける二宮くん(さすが)。ろうそくの火を吹き消した相葉くん、「感謝感激雨嵐です」。
そしてケーキを前に、マウントブラストの生演奏の伴奏で、全員でHappy Birthdayの大合唱。こんなに大声でこの歌を歌ったのは初めてかもしれないです。

記念の写真を撮る際に、まず相葉くん一人で撮ったのですが、ろうそくを「フーッ」とする唇の形で写真撮られていて、超絶可愛かった…次に全員で撮るときは、翔さんが撮影。というのも、会報の裏表紙に掲載する写真が次回翔さん担当とのことで、でもまだその写真を決められずにいたらしく、翔さんが撮ることになりました。バースデーケーキを前に、そして客席をバックにして撮影することに。写真撮影では、当然のように相葉くんの隣に立つ二宮くん(さすが)。正面から撮ると左右が見切れてしまうからと、パノラマ撮影でも撮影してくれた翔さん。その写真が使われるか否かとかより、その心遣いが嬉しかったです。やっぱり気遣いの人たち。最後にスタッフさんが5人の写真も撮影していました。

最近だと、相葉くんと大野さんがコンサートとお誕生日が重なることが多いよねと。ニノはワクワクがかぶることがあって、潤くんは国立があったからそれで満足してほしいという話があって笑、翔さんが最近ないねという話になり。翔さんの誕生日ありきでコンサートの日程を設定するか、それか1月上旬に誕生日を変えるかする?と楽しそうに話しているのを見て、仲良いな〜〜〜とほっこり。メンバーの誕生日を気にかけるのも、誰よりも相葉くんのお誕生日をお祝いしていたのもメンバーで、本当に楽しそうで、きゃっきゃしてて、誰よりも俺ら自身が溺愛、な嵐が愛しい。

お誕生日お祝いを受けての相葉くんの挨拶がとても素敵で。(一言一句そのままではないかもしれませんが、)「ほんとにもう、みなさんのおかげで35歳になれまして…良い年の重ね方をしていきたいと思います。これからも、温かく見守っていただければと思います。」と。実際に良い年の重ね方をしている相葉くん、とっても柔らかく優しい笑顔で語っていて、素敵でした。
ここで、35歳に「なりまして」ではなく、「なれまして」と言っていたと思うのだけど、それは、35歳になった今も、ずっとこうしてアイドルを続けてこられて、こうしてお祝いもしてもらって…というニュアンスが含まれているように感じました。なんというか、今の年齢についてしみじみとした想いがこもっているように聞こえた、そんな挨拶でした。私が重たく受け止めすぎなのかもしれないですが笑。あゆハピメイキングの「なんかでも…年齢じゃないよね。年齢じゃなく進化できるところはしたいよね」を思い出しました。今年も相葉くんが健康で、幸せでありますようにと願っています。

大野さんからいつものやつということで、「お母さん、産んでくれてありがとう、いつも♡」という倒置法のお祝いがありました(笑)。あと、最初の翔さんのC&R、 「メリーー?」「「「クリスマーーーーーーーース!!!!!」」」は、相葉くんお誕生日おめでとう!!!の意味と捉えました(曲解)。

 

 

さて、ここから全力でネタバレします!!!!!

 

 

まずはセットリスト。

1. Green Light
2. I'll be there
3. 風雲
4. Attack it!
5. Happiness

(映像)

6. UB(相葉・二宮)
7. Come back(櫻井・松本)
8. 夜の影(大野・二宮・松本)
9. バズりNIGHT(大野・櫻井・相葉)

(MC)
(映像)

10. つなぐ
11. 抱擁
12. お気に召すまま
13. Bittersweet 
14. GUTS!
15. Doors 〜勇気の軌跡〜

(相葉くんお誕生日お祝い)
(MC(櫻井・相葉、大野・松本・二宮に分かれて着替え、告知))

16. Sugar
17. NOW or NEVER

(映像)

18. Pray
19. 光
20. 君のために僕がいる
21. PIKA★★NCHI DOUBLE
22. Believe
23. Monster
24. A・RA・SHI
25. Song for you
26. 「未完」

<アンコール>

1. ワイルドアットハート
2. サクラ咲ケ
3. 彼方へ

<ダブルアンコール>

1. カンパイ・ソング

公演中特にメモなどは取らずに、記憶のみに頼った感想なので実際と異なるところは多々あるかと思います。私の目にはこう映って、記憶に残りました。という感想です。

まず全体の演出面、メインステージの横幅くらいある巨大スクリーンがとにかくすごかった…!!ある時は全面スクリーンに、ある時はリフターのように自由自在に形状を変え、解像度も高くて見えやすくて…!今回、以前記事に書いた双眼鏡を持って行って、双眼鏡はすごく良かったのですが、双眼鏡がなくても十分楽しめるレベルの画面の美しさでした。
また、制御されたペンライトは初めて体感したのですが、曲ごとに色とりどりに変化し、時には消えて、アンコールではツアータイトルとTOKYOの文字が浮かび上がるように制御されていて、もう、すごかった…!ドームという会場と空間を隅々まで生かした演出。ペンライト、これはもう一本くらい買いたくなる感じでした。制御されたい(?)。

Green Lightから始まるのはすなわち相葉くんの歌い出しから始まるということで、もうテンション上がりまくりでした。相葉くんの歌声大好き。相葉くん歌い出しの曲は名曲の法則(私調べ)。そこからのI'll be thereの流れはキャーーって言わざるを得ない。どちらかというと声が通らない方なので、あ、私こんな歓声出せるんだ!?と新たな自分を発見。御前様、かっこいい………。相葉くんが「貴族探偵」という素晴らしい作品と出会え、麻耶クラ様方と共に大盛り上がりできた2017に感謝しつつ観ました。

風雲でムビステに乗ったと思うのですが、メインステージから浮かび上がるようなスムーズな作動で、メカ系好きな私はそれにも興味津々で見入ってしまいました。Attack it!はまさか聞けると思っていなかったので嬉しかった!!盛り上がる〜〜!!!大好きな楽曲です。そのままバックへ移動して、Happinessが最初の外周トロッコ移動で後ろから前へ。Happinessは何度聴いても好き!で、翔さん・相葉くん・ニノが通る側で歓喜。一瞬でもお誕生日うちわが目に入っていたらいいなと思いつつ…!そしてメインステージへ。

今回のコンサートは、曲間にメッセージ性が強い映像が色々と流れていたのですが、正直次のUBの衝撃があまりに強くて覚えていません…笑。映像化を楽しみにしたい。

さて、UBです。私、こんな序盤にUBが来るなんて聞いてない、まだ心の準備できてない………という中で観ました。ユニットバスという名の宇宙でした。何を言ってるかわからないと思いますがギャラクシーでした。もうWSで映像解禁されているのでアレですが、もうね、2人のダンスがものすごかった……。20年来のシンメのスキル、すごすぎた。超絡み合ってる(語弊がある)。日本ではあまりない感じの振付で、外国の方に振り付けをお願いしたと相葉くんがラジオで話していたことを思い出します。「こういうふうにしたいよねという明確なビジョンがあって」あの歌詞、世界観、ダンスになったと思うと、胸熱すぎます………。一番大好きなコンビが、こうしたい!という想いを込めて出来上がった楽曲、あまりにすごくて………「僕らは一つさ」………We are one…………。最後にエアでハイタッチして、親指グッとして、すっごくいい笑顔で手を振りあっていた2人の姿が忘れられない…………。いつかコンビ曲を観たいという夢が叶って感無量でした。UBは全部センステ。最初相葉くんが登場したサイドで、ペンライトが緑になったのでそれだけでテンション上がりました。反対のニノ側はもちろん黄色。ペンライトが制御されているからこそ見られたすごい景色でした。

UBの衝撃がすごすぎて、次のCome Backと夜の影の記憶があんまりないんです……もったいないことした。。本当に最強かっこよかったことは覚えています。2曲ともメインステ。翔潤の並びは、強い(語彙力)。あと、AAAのJr.紹介のとき、theme of Dream "A" liveで踊ったダンスの振りも入っていて、あの、ザ・ジャニーズ!な振付が大好きなものでぎゃーーってなりました。夜の影は、最初の二宮くんソロが好きです。3人のダンスも、かっこよかったな…。

からの、バズりNIGHTですよ!!バズリNIGHT、爆笑に次ぐ爆笑。オタク同士のLINEのやり取りっぽい最初の映像、ほっぺた痛くなるレベルで笑いました(笑)。振り幅すごすぎるでしょ…!ペンライトを持ってメインステ下手側から登場して、センステへ走りながら移動。「赤巻紙 青巻紙 黄巻紙」のところで、3人の持つペンライトが赤→青→黄と変化したとこは、文字で書くとあんまりかもだけど、もう笑いすぎてしんどかったです(笑)。パラパラ衣装に着替えるため一旦がけてる間に、Jr.がペンラで「伝説」の文字を作る場面もあったのですが、まさに伝説でした(笑)。パラパラ衣装、似合ってた〜何度かギャルになってるけど、やる度クオリティ上げて来るからすごい。相葉くんの太もも超良い筋肉…というか生脚良いんだ!?となり笑。翔さん誕生日のTABOO演出の時には生脚事務所NGで網タイツじゃなきゃダメだったけど(それもどうなんだw)、今回は生脚だったような…?膝下が隠れていたから良いのかな。総面積なのかな?w超楽しかった。センステで歌い終わり、「はーいお疲れさまでーーす」と言いながら出て来る末ズと、えいやっとカツラを脱ぎ捨てる大野さん含め、最高でした笑。その後パンフを読んで演出担当は相葉くんだったと知り、自担最高!!と改めて。

そのまま喋りつつ歩いてメインステへ移動。はけるとき、天然ちゃんが手を繋ぎあっていて、大スクリーンに映し出されて「ぎゃーーー!!!」となる会場。そのまま「うふふ♡」な感じではける2人、超可愛かった……。「あの2人、なぜかいっつもバズりNIGHTのあとオネエになるんだよなぁw」と話す翔さんでした(笑)。そうなんだ(笑)。

映像を挟んで、メインステで、つなぐ。最初大野さんが登場して、ソロのロボットっぽいダンス。バックの巨大スクリーンの映像とシンクロするダンス、すごかったです…!上から操られているかのような動き!かっこよかった!!からの、あのイントロの手の振りからメンバー全員登場して踊り出す演出、見惚れるしかありませんでした……。そして何より、衣装が最強かっこよかった……!!衣装様にお歳暮お送りしたいレベルのかっこよさ。内側が赤のロングコートで、ターンする度に美しく翻る裾…!!最強で最高でした。

抱擁とお気に召すままはちょっと記憶が飛んでいるのですが、お気に召すままの相葉くんパートがかっこよかったのは覚えています、ずっとかっこいい…。ビタスイはお手振りで踊っていなかったのですが、久しぶりに聴けてとても嬉しかったです。GUTS!は久しぶりに踊ったのですが(自分が)、結構覚えてて楽しかったです!私の周りの方々も踊って盛り上がっている方が多かったのもあって、盛り上がりました。あと、ドラマ最終回と、発売された当時ものすごく励まされたことを思い出して、明るい楽曲なのにちょっぴり泣きそうでした。。そこからのDoorsだったのでホント涙腺ギリギリで。ドラマを思い出しながら聴きました。先僕、良いドラマだったなぁ…。

その次は、冒頭に書いた相葉くんのお誕生日お祝いをして、グッパで分かれてMC。櫻葉になった瞬間ハイタッチする2人。事あるごとにハイタッチ。櫻葉のそういうとこ好きすぎる。

翔さんの告知は映画とオリンピック。オリンピックのキャスターの件で、翔さん2008年AAAのときに覚えた韓国語での挨拶を披露したのですが、すごいな…!と。だってほぼ10年前だよ?10年前に覚えたフレーズ今も言えるなんてホントすごい。

相葉くんの告知は、相葉マナブとグッと!スポーツスペシャルが終わったあとだったので特にないとのことで、フリートークへ。

「サンタクロースって本当にいるんだなと思って!」と翔さん。なんでも、相葉くんが楽屋に大きな青と赤の袋を持って登場したらしく、「こういうことたまにするのよこの人、お中元とかお歳暮とか!」。バズりNIGHTのギャルメイクで撮った写真がプリントされたTシャツをプレゼントした相葉くん。「自分の誕生日なのにだよ!?」と翔さん。大野さんは超喜んでテンション上がってたねという話になり、そこで着替えた大野さん登場。「だって世界に3枚しかないんだよ?」と大野さん、その感性すごく好き。そういうTシャツとかツアTとかを着るかという話を。翔さん、ゴミ出しのときに、キャップにメガネにマスクしてるのに、ツアT着て出ちゃって、「いやいや嵐やん!」となることがあるとwニノは普通に着れる(例えば松岡修造さんからいただいたTシャツなど)、大野さんは隣の人がドア開けた音がした瞬間自分が出ようと思っていても即座に閉めるw、などの話があり、着替え終わったメンバーの告知へ。ペンライトの色をそれぞれのメンバーカラーにして、一体感あって楽しかったです。あと、年末年始の番組告知もあり、「嵐」キーワード登録すると「◯◯の嵐!」も録れちゃって、すぐHDDがパンパンになる話も翔さんからありつつ笑。オタクと同じ悩みw

後半戦は、二宮くんの紅白風の挨拶でスタート。

SugarとNOW or NEVER、好きすぎる…。映像を挟み、Prayへ。Prayはメインステの大スクリーンが変形して、クリスマスっぽい雰囲気の街並みと家の上で歌う演出で素敵でした。「囁きながら 他人事のように 降る雪の中で 今は」のメロディラインが好きで何度も聴いている楽曲です。嵐っぽくて落ち着く曲。からの光、素敵な流れでした。

君のために僕がいるは、リフターで上がってきてくれて…!私の席の目の前のリフターは二宮くんで、リフターの上がりきった位置と、客席からの目線がちょうど同じ位置で、距離的にはまぁまぁあるのですがすごく近くに感じました…ずっと正面を向いて歌ってくれていたので、目が合ったものと思っています。この曲は二宮くんしか見てなかった。視線が外せなくなる、不思議な魅力を持った人です。

ピカダブ。お手振りでしたが、個人的にシングル不動の一位はずっとピカダブなもので、もう、聴けてすごく嬉しかった。ハワイLVで踊るピカダブを観たいという夢が叶って、まさかその後のコンサートで生でピカダブを聴ける日が来るとは…すごく嬉しかったです。嵐のことのような曲だとずっと思ってる。

Believeは次のMonsterで記憶が飛んでいます。。まさかMonster観られるなんて…!がっつり踊っていました。Monsterの振付大好きなんです…。

A・RA・SHI、一体感がすごかったです。振りはもちろん、ラップを客席にちょいちょい振ってくれて大声で歌ったのですが、超揃ってて超楽しかった!!デビュー曲を歌い続けられることってすごいことだなと思うんです。何年経っても色褪せない。

Song for youは、泣けて仕方なかったです…。始まる前に映像が流れてメッセージがあって、ペンライトが青と白に変化して、会場全体が海の水面のようになり……とても綺麗でした。メインステでの披露。最初の大野さんのソロはもう、息を呑むほどに美しくて。にのあいパートは、巨大スクリーンに若い頃の2人のツーショット写真と、今の2人が歌う姿が映っていて、それだけでウルウル。翔潤パートは、若い頃の自分と今の自分がシンクロするような映像で。翔潤パートのときの、大野さんとにのあいのダンスもかっこよかった。5人のこれまでの軌跡の写真が次々と流れて、歌声に涙涙で。20周年ではなく今年披露してくれたことが本当に嬉しくて。
パンフレットを読んだら、節目の年を目指してやっているのではなくて、今を大切にしたいという旨のことをみんな話していて、ああ、だからかとストンと落ちました。「毎年コンサートができることは当たり前じゃない幸せ」だと事あるごとに様々な媒体のインタビューで話している相葉くん。今回のパンフレットでも、コンサートを大切にしたいという共通認識が5人の中にあることがそれぞれから読み取れるインタビューで、胸にグッときました。
相葉くんのインタビューページだと、降りていく景色のこともそうだし、「5人の思っていることを大事に、"今"を続けていきたいなって思います」の言葉に、目頭が熱くなりました…。普段から仕事のことも、なんでもないこともメールのやり取りをしていて、コンサートの度に集まって話をしているという嵐。これまでこうして大切に積み重ねてきた時間があるからこそ、結束力があるし、グループが好きな気持ちが伝わるし、どんなに売れても謙虚で、どれだけ仲良くなっても礼儀と気遣いを忘れないから、こんなにも魅力的なんだろうなと改めて感じたインタビューでした。

Song for youからの「未完」は、まだまだこれから!!という気合いを感じられて胸熱でした。嵐超かっこいい。最高のセットリストでした。

本編終了。嵐コール、すごかったです。

ワイハ、サクラ咲ケ、彼方へ。最後メインステで奈落にシューっと消えていくのですが、相葉くんと潤くんが最後までずーっとピースしていて可愛かったな…!

ダブルアンコールのカンパイ・ソングは、楽しくてなんだか泣けちゃって、 胸がいっぱいでした。顔を傾けて全力ピースで満面の笑顔の相葉くんがスクリーンに映し出されて、その表情が本当に本当に素敵で…コンサートが大好きで、すごく大切にしていて、何より本当に心から楽しそうに歌い踊る、この人を好きになってよかったしこれからも応援し続けたいと改めて感じた瞬間でした。最後の最後、一人残った相葉くんが、「今日はホントにどうもありがとう!!!」と全力の投げキッスで、終演。相葉くんの歌い出しに始まり、相葉くんの投げキッスで終わるコンサート、幸せしかありませんでした……胸いっぱいで、すごく元気になりました。

嵐のコンサートってすごいな!と思うのは、4年前に初参加したLOVEコンのときもそうだったのだけど、終わっちゃった……という気持ちより、断然、「よし、明日も頑張ろう!!」という気持ちになるところ。LOVEコンの頃はほんとつらくて、今は、当時は想像もできなかったほどの日々を送れていることに本当に感謝の気持ちしかないのだけど、12月は忙しくていろいろ上手く回っていなくて凹んでいたところ、ものすごいパワーをもらいました。嵐ありがとう…!!

キラキラ煌く5人のパフォーマンス、最新の技術を駆使した演出、コール&レスポンス、全身で感じる音、花火の燃えた後のにおい、定点だからこそ見える景色…大声を出して踊って、笑って泣いて、よし、明日からも頑張ろう!って思える。嵐のコンサートは本当に最高のエンターテインメントです。とにかく、すっっっっっっごく楽しかった!!!!!また参加できますように!!!