ちょっとひと休み

きらきら煌くあいばくんがすき

優しくて愛情深い人

これは、二宮くんの誕生日に書こうと思ったのですが、まとまった時間が取れず間に合わなかった記事。6月も過ぎてしまい、だいぶ遅くなってしまったけれど…残しておきます。

嵐のメンバーの中で、茶の間で見ていた時期と、がっつり追いかけるようになってからの印象が1番大きく変わったのは、間違いなく二宮くんです。

茶の間の頃は、お芝居のお仕事や宿題くんでの印象がすごく強くて、宿題くんではいつも相葉くんに当たりが強いツッコミをしていたので、けっこうキツイこと言うんだな〜なんて思っていた時期が私にもありました(遠い目)。あれはすべて相葉くんのためだったのだなと。今よりさらっと観ていたからというのもあるかもしれませんが、言葉の表面だけを受け取ることは本当によくなかったと反省。

二宮くんに関しては、雑誌インタビューで胸に残っている言葉がたくさんあるけれど、中でも忘れられない言葉がこれです。

2010.11. SPUR

二宮「ファンの人たちの働く目的が『嵐の物を買うため』になっちゃいけないって僕らは思ってるんです。モチベーションになるのはいいけど、主たる目的になっちゃいけない気がする。自分で稼いだお金はその人自身に投資するべきで。 それより『嵐』はひとりひとりの生活のサイクルの一部になればいいと思ってます。」

この言葉は最初はネット上で目にして、どうしてもこのインタビューの全文を読みたくなって、中古を探して購入して読みました。嵐を応援する上で、胸に留めている言葉。

本当のことなんて何1つ知らないけれど、画面を通した姿だけだけど。頭の回転が速くて賢くて、優しくて愛情深い人なんだろうと、こうやってファンを思う言葉や、毎月の一途、嵐の中にいる二宮くん、相葉さんの隣にいる二宮くんを見て、そんな風に感じます。

嵐の中で、メンバーを見て。相葉さんの一言で、相葉さんのことを見て。優しい優しい顔で微笑む二宮くんが大好きです。それは、相葉さんにも言えること。唯一無二で、本当に大切なんだろうな。特に2014年のハワイから、2人の雰囲気というか空気感が、グッと柔らかくなった気がします。以前の2人は夏休みの終わりの夕暮れ時の、どことなく切なさや儚さが漂うイメージだったけれど、最近の2人は、眩しい光の中で優しく微笑み合っているイメージ。この先何があったとしても、例え離れる日が来たとしても。この2人は絶対会うんだろうな。絶対や永遠なんて存在しないと知りながらも、この2人は絶対ずっと一緒だと、確信させられてしまいます。

6月17日、33歳のお誕生日、おめでとうございます。体に気をつけてね。この1年も、素晴らしい1年となりますように!

そして、毎年必ず二宮くんのお誕生日お祝いをする相葉くんが大好きです。おめでとう!!!以下、2012年〜今年までの、相葉くんから二宮くんへのお祝いの言葉。

2012年

2012.6.14. ひみつの嵐ちゃん!シェアハウス(相葉・二宮)
相葉「いやでもさあ。もう6月の14ですって。もう誕生日ですねぇ!」
二宮「あぁ確かに!」
相葉「おめでとう!(パチパチ)」
二宮「あぁありがとうございます、ありがとうございます(照)」
相葉「6月17だ。」
二宮「はい。」

オープニングトークにて。シェアハウスは、ニノと相葉くん発信で始まった企画でしたね。この時、おめでとう!と言われて照れ笑いした二宮くんの顔が、いまだに忘れられません…。

2013年

2013. TVぴあ(7/17号)

––(あたらしあらしの宣伝インタビュー)”あたらしい”といえば二宮さんが、あたらしい年齢を迎えられて。
松本「おめでとうございます!」
二宮「ありがとうございます。相葉くんが一番にメールくれたけど…酔っ払ってた?あの時。」
相葉「はい?」
二宮「眠たかったのか酔ってたのか…(と携帯を取り出し、当日の着信メールを探る)お、0時14分に届いてますね。一番乗りですよ。」
大野「4人の中で?」
二宮「ううん、友達全員の中で。」
相葉「おお、スゴイじゃん」
二宮「(読み上げる)『夜中にゴメンね。よい一年になるようにに。』」
一同「(爆笑)」
二宮「俺が言うことでもないけど!お祝いとか一年に一回のものって、読み返したりするじゃん!誤字脱字ないかな~って!」
櫻井「流行らせようとしてんのかもよ?『あした天気になりますようにに!』」
相葉「(笑)。いや、良かったです。記憶に残って♡」
二宮「他のメンバーからも順次来ましたよ。今年もどうもありがとうございます!」

「にに。」からもう3年も経つのね…!記憶に残ったよ、何なら今もたまに使うよ。

2013. 週ジョン(7/13-7/19号)
相葉「この間、誕生日にファーストミットをプレゼントであげました。ニノが新しくて、いいグローブ持ってるな~とお気付きのアナタ。あれ、僕があげたんだよ(笑)。」

ちなみにこれはにのあいでカラフルな傘で相合傘をしている写真が掲載されていた回。相葉くんの隣でヘタクソな笑顔(byメリークリスマス)になっちゃう二宮くん愛しい。

2014.4.6. ドラマ『弱くても勝てます』徹底解剖SP(深夜特番)

ナレーション「現場には、常にグローブを持ってきている二宮さん。なんと、そのグローブは…」
スタッフさん「これすごくいいグローブですね」
N「そう。(スタッフさんに手渡しながら)相葉くん、相葉くんからもらったの。誕生日プレゼントで(←小声で低めの声でボソボソッと本当にうれしそうに)」

ファーストミットに関するエピソードはこの後何度も出てきますが(二宮くん、今年の野球大会でも使っていたそうで!)、ここでは長くなるので割愛します。 

2014年

2013.9.22. アラフェス
「にのみ
 誕生日おめでとう。
 あなたとは一緒にいる時間が長いような気がします。
 僕の人生の中で家族の次に、いや、家族以上に同じ時間を過ごしてきたなって思います。
 いろんな思い出がありすぎて、何を書いたらいいか難しいです。
 じゃあ、子どもの頃の思い出から話そうかな。
 覚えてますか?
 僕が電車の中で、知らないおじさんに頭を思いっきり殴られたこと。
 あなたのお母さんが作ったもんじゃ焼き、めっちゃおいしかったこと。
 二人で原宿に行って、怖いお兄さんに追いかけられたこと。
 そして何より、二人で、原宿で、ジャイアント馬場さんに会ったこと。

 その頃から、二人の関係性は全く変わりませんね。
 最近は草野球をしたり、メンバーの中で唯一、お家に遊びに来たりもしましたね。
 あ!遊びに来るのはいいんですけど、
 人の家のリビングの配置にダメ出しはしないでください。
 TVの位置は、あそこで正解です。

 まぁ、なんだかんだありますけど…大好きですよ。
 あなたにとって、すばらしい人生が送れますように。

 相葉雅紀

幼馴染って、ほんとうに、素晴らしいものですね…………。

2014.6.13. レコメン
相葉「こんばんは!嵐の相葉雅紀でぇ~っす!いや、もうすぐ。ニノちゃんの誕生日んなっちゃうねぇ。や、マジで。まだねぇ、サーバー手配してないんすよ。ビールサーバ。しょえるタイプのやつ(※5/30の放送で誕生日プレゼントとして背負えるビールサーバーをプレゼントしようという話になっていました)。うわぁ~、あれ、どこで、もうほんとちょっと探さないと!本気で!もうすぐだから。やばいっすね。」
※ちなみに、以下5/30の放送内容
(メール:ニノのお誕生日に何をあげますか)
相葉「ほぉ…。(ギリギリまで考えますもんね)そうなんですよねぇ~なにがいいかなぁ。なにがいいんすかねぇ。梅雨だからねぇ。(去年がファーストミット?)そうです。…なんか時季的ななにか…梅雨でぇ、自分ではこれ買わないけど、もらったらうれしいな、なんていうようなのなんかあります?その、ギリギリのライン。(…梅雨?)ま、梅雨じゃなくてもいいや笑、梅雨は、じゃあおいとこう。梅雨は関係ない、おいといたとして。じ~ぶんではっ、これ中々手ぇ出ないけどみたいな。なんだろう、カジィ。(折り畳み傘)はぁ~折り畳み傘ねぇ~。あぁ~いいかもねぇ~。いいかもね、雨多いしねその時季。あ、ひっぱんなくていいんだ。へぇ~。(←傘にはあまり関心ない様子w)俺ちょっと思ってんのはさぁ、こないださぁ、ふろーずん…あの、ビールのね、き りんビールのやつでぇ、フローズン、上がぁ、こう、アイスみたいになってる、ふろーずん。の、生ビールみたいな。生ビール…じゃないのかな?ビール。が、あってぇ。それを…ちょっと飲んだんだけどさぁ。まぁ、うまいんすよ。で、夏じゃん。これから。あの、そのサーバーって、ないのかね。家庭用、みたいな。もしくは業務用、業務用高ぇか!にのん家おけねぇか!業務用…笑(野球場で女の子が背負ってるやつは?)あぁあのタンクね。あぁ!そぉれぇ笑、じゃあのリュックを買えばいいのかな俺(笑)あ、そうだね!フローズンは中々あれだからお店で飲んでもらって!(あれ背負って、自分でこう…)うはははは(笑)いいかもしんないそれ!(で、千円札を縦に折って、)うはははは(笑)自分で飲むのに、わざわざ自分にお金をはらって(笑)ひとりでね?笑 あれ確かに夢ですよね。あれが家にあったら、っていう…。ちょっとそれ(背負うタイプのビールタンク)調べるとしましょう。」

相葉くんの「ニノちゃん」呼びが大好きです!!!!!(大声)

2014.6.16.~22 J-WEB 今週のひと言
「二宮君誕生日おめでとう😄せ~のハッピバースデートゥーユー🎶ハピ  相葉」

「ハピ」可愛すぎ問題。

2014.6.22. bay storm
二宮「『お誕生日、メンバーからメールは来ましたか、誰が一番でしたか、プレゼントはもらいましたか。よかったら教えてください』だって。相葉くん~から、来たかな。メールは。うん。あとの人は来てないですね。ま、当日仕事だったっつーのもまぁあるんですけど。5人仕事。そこで、松本さんから…あと櫻井さんから、お誕生日プレゼント頂きまして。あれ、相葉さんから貰ってるっけ俺。貰ってないよね。大野さんも貰ってないよね。まぁ…おそらくですけど、大野さん遅いんですよね毎年ねなんか知らないけど。忘れた頃に来るかなぁとは思いますけど。」

相葉くんからは、来たかな…(涙)。

2015年

2015.6.12. レコメン(誕生日プレゼント)
(メール:6月17日は、二宮さんの誕生日ですね)相葉「そうですねぇ!(もう今年は何をプレゼントするか決めてますか?まだ決めてないようでしたら、座布団と電動歯ブラシ候補に入れてもらえませんか?)えぇっ?[小声](二宮さんがラジオで、うちの座布団がぺっしゃんこ、ひたひたでもう座布団の役割を果たしていないと言っていたり、今使っている電動歯ブラシが古くて、使用する度に眼球が揺れる、と言ってました)眼球がゆれる…?強いんじゃない、パワーが。モーターが強いのかな…。(なので、使い心地のいい座布団と、)えっ、座布団?って使います?俺使ったことない、座布団?えっ、にのみぃん家って畳なのかな。えっでも畳じゃないとすると座布団ってあんまり置かなくない?置く?…えぇっ?(大きいのありますよね)クッションでしょ?だから。要するに。ちがう?座布団って俺イメージするのあのなんか真四角のさ、で、(角に糸がついてる)そうそうそう、で、真ん中がこう、バッテンにこう、さ。糸が。なってる。あれプレゼントしたほうがいいのかな。クッションか…、でも好き嫌い分かれるよ~?部屋のタイ、テイストがわかんないから。じゃあ、歯ブラシにする?(候補に入れるとして、二宮さんへのプレゼント考えといて下さい)そうだね。あとでも、にのみやさんに考えると同時に、6月17は、かざま…も誕生日なんだよね。どんぴしゃ一緒だから。あ、かざまに…座布団あげようかな。似合いそうじゃない?なんか。座ってそう(笑)」

にのみ、、、

2015.6.15.~21 J-WEB 今週のひと言
「ドラマ見てくれた方、ありがとうございました。 にのみ~ハピバ😄相葉」 

にのみ〜〜〜(号泣) 

2015.7.12. bay storm
二宮「(メール:先日発売された雑誌で櫻井くんが『今年の誕生日はサンダルではなく違うものを渡す、もう決まっている』とインタビューに答えていましたが毎年サンダルだった櫻井くんの今年のプレゼントはどうでしたか?また他のメンバーからもらいましたかよかったら教えてください)だって。まだねそれがもらってないんですよ。今…現段階…これがだから今、この放送は?7月?12。もう1ヶ月経とうとしてるのか。まだ誰からももらってないです。だから呪い殺してやろうかなぁとは思ってますけど(←低めの声)。1人ずつ。…え?怖いですか?だって1ヶ月経っても誰1人プレゼント渡してくれないんすよ。メ~~ルは、メールはあったかな。でも当日もねぇ、あの、一緒に仕事してたんすよ。そうそうそう。前日~も、16日も、23時半ぐらいまで働いてて。で、次の日…昼、ぐらいから。またずっと一緒にいたんで。別になんかそんな、メールするタイミングっていうのもなんか別にそんな無いっていうか…俺も帰ってすぐ寝ちゃったんで。今年は、…そうですね。6件ぐらいでしたかね。めぇる…。んんん~~普通かなぁ。だいたい、そんなもんかな。芸能人だよね(キリッ)。 だからもうほんと、誕生日にお祝いしてこないやつはほんと呪い殺してやろうと思ってますけどねっ。それは。1年に1回しかないんだから。そのそっ、『おめでとう!』って言うチャンスなんて。誰でも平等に1年に1回『おめでとう』って、言われる権利が、ある日なんだからその日は。みんな言わないんだったらも、片っ端から呪い殺してね。いこうと思ってたんすよワタシ、っふ(笑)『残念でしたね!』ってこと。だって『言わなかったんだよね!』ってこと。『それが、答えなんでしょ?』っていう。ねぇ?『じゃ、出るとこ出ようね?』っていうこと。もうそうなったら。『こっちだって、やることやるよ?』っていうお話だよね。それは。それはそうよ。ねぇっ………?現実は厳しいなぁ。現実は厳しいっ。毎回思うよ。」

なんて、言っていましたが… 

2015. TV LIFE  No.16 (7/31号)

(6月17日は二宮さんのお誕生日でした。おめでとうございます!)
二宮「ありがとうございます。誕生日当日は、確か番組の打ち合わせがあってメンバーと一緒だったのかな。現場でケーキ出してくれて、お祝いしてもらいました。で、仕事が終わった後は、いつもどおり家に帰って1人でゲームやって、お酒飲んで…。」
(昨年の誕生日は相葉さんから一番最初にお祝いメールが届いたそうですが、今年はどうでしたか?)
相葉「今回もメールしましたよ。あっ、でもねぇ、昨年は早すぎたから今年はちょっと遅らせた。」
二宮「そういう心境だったんですか?」
相葉「そうそう。今年も早いとあれかなと思って(笑)、朝起きてから『おめでとう』ってメールしました。」
(ということは、今年は相葉さんが一番ではなかった?)
二宮「いや、日付変わるころには僕、もう寝てたんでね。結局、届いたメールをチェックしたのは朝起きてからで。」
相葉「じゃあ、結局俺が一番ってことだね。」

二宮「(笑)。受信時間を見れば、誰が一番だったか正確に出るだろうけど。」

相葉「誕生日プレゼントはね、今ちょっと取り寄せてるんで。」

二宮「ありがとうございます。」
相葉「既に誕生日過ぎちゃってるけど…。取り寄せ系なんでね、時間がかかるのはしょうがない(笑)。」
(中略)
相葉「僕から贈る言葉は…『今までどおり、素直に育ってください』ってことぐらいかな(笑)。」

二宮くんって、ベイストを聞いていると「面倒だなもうwww好きww」ってなるんですけど、相葉くんから見た二宮くんは「全然、面倒じゃない(笑)」し、「今まで通り、素直に育ってください」って言えるくらい、「今まで」ずっと「素直」だというところが二人の過ごしてきた時間が見えるようでたまりません…確かに相葉くんの前ではハイパー素直でほんと可愛い人だなと思います…。

2015.8.14. レコメン

(メール:先日、二宮さんがラジオで「誕生日にメールはもらったけど、嵐の5人、誰からもプレゼントもらってないんですよ〜1ヶ月経ったのに…もう呪い殺してやろうと思ってます」と言ってました)

相葉「うん。(←超普通のトーン)」

(相葉さんヤバいですよ!二宮さんご立腹ですよ)

相葉「もうあげましたよもう。(←フフンッ♪って感じ)ちょっともう、呪われてきてたんでぇ。あぶねぇあぶねぇって、このままじゃころされちゃうと思ってあげましたけどねぇ。(←実にさらっと)僕ぅ…あげたのはねぇ、スニーカーなんすけどぉ、えっと…ま、僕らの世代ってぇ、それこそスニーカー世代っていうか。(バッシュとか)それのねぇ、95年のやつってすぅごい人気あったシリーズがあってぇ。でそれを、ま、その当時のものはさすがに。ない、ですよ。でもその、オリジナルのやつを、こう復刻してるのがあって。でそれを買って。それを当時一番人気のあった色?を買って、あげましたよっ。うん。のぉ、何回か履いてんの見ましたね。わぁ、懐かしい〜っていうのと、まぁ、今それを履くっていうさ。僕も昔の靴よく履くんですけど。なんか、ちょっと、いいんですよね。それあげましたね。(95年はジ ャ ニ ー ズ 事 務 所に)入る前ですねぇ!そう考えるとねぇ。確かにそう、中1だね。僕が。はい。その頃、に出た(デザインの)靴をあげましたね。」

「何回か履いてんの見ましたね。」の「何回か」のうちの1回は、「愛を叫べ」の初回PVメイキングでダンス中に履いていましたね、、見せてくれてありがとうおめでとうありがとう。

2016年

2016.6.17. レコメン

相葉「こんばんは!嵐の相葉雅紀で〜っす。こんばんは〜。あっ。今日ニノの誕生日じゃん。(近:6月17日)んねっ!おめでとうございます。心から。こっから〜でも、届くかな。(ニノの誕生日ということは)かざまの誕生日。そして五関くんの誕生日でもあるね。A.B.C-Zのね。だから多いんだよ6月17。じゃあその3人に。3人にも向かって今日は、がんばっ(笑)、頑張っていきましょうか!いきましょうっ。」

 「心から。」のトーンが優しくて優しくて…。

2016. TV LIFE No.15 (7/15号)

(今、相葉さんが二宮さんのために誕生日イベントを企画するなら?)

相葉「うーん…、リアルに喜んでもらうなら一緒にナイター観戦とか?絶対楽しいと思いますよ。多分久しく生観戦してないだろうし。球場に行ってビール飲みながら…もう最高ですよ!」

二宮「それは最高だと思います。」

相葉「やっぱり巨人戦がいいよね?」

二宮「うん。」

(今年の二宮さんの誕生日には、何かプレゼントを準備していますか?)

二宮「そりゃ準備してると思いますよ。」

相葉「それはもちろんねぇ。でもまだ何をあげるかは秘密。それを言ったら面白くないからね。あと、誕生日おめでとうメールは今年も一番を狙って…。」

二宮「そりゃそうですよねぇ。」

相葉「当たり前じゃないですか。」

二宮「二宮の誕生日なんですから。」

相葉「うん、やっぱりニノの誕生日は相葉が一番じゃないと(笑)。」

幼馴染、尊い………… 。

 

「ニノちゃん総武線、ほぼ千葉」。

「帰り道は同じ奇跡」に、ありがとう。

おめでとうございます。心から!