ちょっとひと休み

きらきら煌くあいばくんがすき

2015.11.8. 映画「WE ARE Perfume」感想

f:id:bleu_de_prusse:20151110010425j:plain

素晴らしいドキュメンタリーだった。
「ここで泣かせよう」といった場面は無い。いつも真摯で誠実に、ファンのことを想ってライブと向き合う3人、3人を支えるスタッフの方々、そして世界中のファンの姿が映し出されていた。気付けば涙している、そんな瞬間を何度も体験した120分間だった。
映画館ならではの音響の中、大音量に包まれると、まるで自分もワールドツアーに参加しているかのような臨場感があった。前方の席で観たのもあり、海外の熱気と迫力がそのまま伝わってきた感じがした。
近隣の映画館では残念ながら上映が無く、かなり遠方の劇場まで足を運ぶ必要があったので、映像化されるまで待つかどうか迷っていたけれど、思い切って行って本当によかった。
Perfumeのことがますます大好きになった。アルバムやライブ映像は購入しつつも茶の間で、もう何年も迷い続けていたP.T.A.入会に、ついに踏み切ることにした。ライブに参加したい!!!
優しくて、温かくて、可愛くて、美しくて、真摯で、常に凛と前を向いて進んでいて、ファンを大切にしていて、キラキラ輝いていて、とにかくかっこいい、世界中から愛されている彼女たちに、前を向くエネルギーをたくさんもらった。同世代の星。
ありがとう。大好きよ!!!
 
 
(注※以下ネタバレを含みます

 

 

 

映画の概略としては、台湾を皮切りに、ラストはNYで開催されたワールドツアーの、各国の空港での姿、街並みを歩く姿、道中の車内での会話、ライブの打ち合わせ、リハ、本編、打ち上げ、現地のファンの声、の間に、メンバーのソロインタビューが挟まれるというもの。120分間、あっという間だった。各会場の冒頭に世界地図が表示され、都市名がドーンと映し出され、その後流れる各国の美しい街並みにも見惚れた。

舞台は世界だ。
 
冒頭のライブ映像、3人が登場した瞬間のあまりのかっこよさに、海外の会場のボルテージの高さに感激して、気付いたら涙が溢れていた。それ以降、最後までタオルが手放せなかった。
 
印象深い場面は、常に最高のものを届けようと何度も修正を重ねる姿や、お互いのことを語る個人インタビュー含め、本当にたくさんあったのだけど、中でもあ〜ちゃんの言葉がとても心に残っている。
  • ステージが遠い席から照明やセットを見ながら「私たちがキラキラするしかない!」
  • ポリリズム」を本編ラストに持ってこよう、それだけポリリズムに想いがあるんだと伝わるから、と変更したところ
  • ツアーファイナル、NYの気合い入れで「(極寒の中ずっと並んでくれるなんて私たちのこと)相当好きよ
  • ツアーファイナルのラストで「Please keep loving Perfume!!!」
  • 打ち上げで「2年後にマディソンスクエアガーデンで2days!!」
あ〜ちゃんはいつも笑顔で、花が咲くように笑う人。いつも笑顔でいるには、そうしよう!と心がけないとできないことだから、すごいな、素敵だなと常々思っていて。そんな、いつもふわりと笑うあ〜ちゃんが放つ、言葉のエネルギーはすごい。一瞬でパワーが漲る感じがする。言霊って本当にあるんだなと。マディソンスクエアガーデンも、きっと実現する。髪は染めず、黒髪で、あ〜ちゃんはロングパーマ、ゆかちゃんはロングストレート、のっちはショートストレートとずっと同じ髪型であることにこだわり、白い肌を保つと決めていると話す姿に、かっこいい!と思ったことを、思い出す。
移動中の車で「Keep climbing〜♪」と歌うのも、ずっと変わらぬスタッフの方々と一緒に築き上げてきた、スターダムを駆け上がるPerfumeのことのようで、何だかグッときてしまった。
 
世界中のファンが「ずっと待ってたよ!」「来てくれてありがとう!」「大好き!!」と日本語や英語で叫び、空港で出迎え、会場に並び、ライブ中はみんな笑顔でノリノリで、時に涙ぐみながら日本語の歌詞を一緒に口ずさんでいて、素晴らしいものは国も言葉も越えて届くし、伝わるし、気持ちは一緒で、それは何て素晴らしいことなんだろう、何とすごいことなんだろうと。
台湾のファンで、以前もMCの通訳をしてくれた方のお名前をPerfumeが覚えていて、今回も通訳をお願いして和やかな雰囲気にしていたところも、とっても素敵だったな。
ワールドツアーの「ドキュメンタリー」だからこそ観られる場面が満載で、音楽は国境を越える、その姿を目の当たりにした感じがした。
 
ライブラストに「MY COLOR」なんてもう、泣くしかないじゃない。
エンドロールで「STAR TRAIN」なんて、もう、もう。
今年イチ泣いた。
感激でこんなにも泣けるなんて、幸せなことだ。
 
映画を観ながら、泣きながら、自分の中である目標を決めた。それは決して簡単なことではないけれど、私は私の人生をもっとキラキラさせたいし、そうする義務がある。絶対に、実現させてやるんだから!!!
 
「I'm KASHIYUKA!」
「I'm a-chan!」
「I'm NOCCHi!」
「WE ARE…」
「「「Perfume!!!」」」
「Please keep loving Perfume!!!」
 
映像化が待ち遠しい。
大好きよ、ありがとう!!!