ちょっとひと休み

きらきら煌くあいばくんがすき

V6

「続ける」ということ

V6

人生で初めて好きになったTVの中の人が、V6の岡田准一くんでした。